ミャンマー領アンダマン諸島巡り

ラノーンでのメインイベント、ミャンマーアンダマン諸島巡り。

P1013589

目的地はCock's comb island.  (タイ語ではエメラルドハート島)

ハート型のラグーンのある島でシュノーケリングのできるツアーに参加しました。

ツアーはリンクの旅行会社のツアーに申し込みました。

外国籍の場合は表示の値段より1000バーツ高いです。

www.grandetravel.com

行き先はミャンマー領。そのためラノーンの港でイミグレーションを通る必要があります。

ビザなしの滞在であれば問題ないはずですが、旅行会社に再入国許可書を忘れないようにと何度も注意されました。私は再入国許可書があったので問題ないのですが、友人はビザなしの滞在。

何度もラノーンでビザなしの方が再入国を繰り返しているケースがあり、イミグレが厳しいのだとか。友人のケースでは問題ないはずだったけれど気になり、バンコクの空港のイミグレで確認を一応してもらいました。やはり再入国許可の必要のないケースだと確認がとれ少し安心。

ただし外国籍の場合は夕方17時までにタイ側に戻ってこなければなりません。

 

ツアー当日は旅行会社の車にホテルまで迎えに来てもらい集合場所へ。到着すると同じツアーに参加する人たちがたくさん集まっていました。

やはりお正月休みなのでお客さんも沢山いるようです。この日は4つのボートの班に分かれて出発でした。

 

ここで軽食・飲み物を頂き班ごとのバンドを貰いイミグレへ向かいます。

一人ずつイミグレで出国手続きをしますが外国籍の場合パスポートの他に書類が必要とのこと。どうも事前にお願いしていたのに旅行会社の手続きができていなかった様子。

旅行会社もお客さんが多くて細かなケアができていなくて、少しこの時戸惑いました。

旅行会社の人にお願いをして15分ほどで書類を持って来てくれましたが、また並び直し。人が多かったから仕方ない!けれどちょっと戸惑い疲れました。

P1013587

 

やっとイミグレを通るともう9時を過ぎていました。今度は桟橋でボートを待ちます。

30分ほどでボートの用意ができて出発!

 

P1013583

まずはミャンマー側へ渡り今度はこちらでパスポートに入国手続き。こちらでは旅行会社の人がまとめて手続きしてくれるのでボートで待ちます。

5分ほどだったけれど、停泊中のボートが揺れる!ので段々気持ち悪くなって・・・・

 

この後40分ほどボートで最初のシュノーケリングポイントへ向かいます。

到着した頃は気持ち悪さもMAX!水の中に入ると気持ち悪さもなくなりスッキリだけれどシュノーケルがうまく使えず中々うまく泳げない。

せっかく水中撮影できるデジカメを持って来たのにな、、と思っているとツアーガイドのお兄さんがカメラで代わりに撮影してくれました。

ここではあまり魚はいなかったけれど、シュノーケルにも慣れることができました。

泳ぐのが得意でない人たちにはお兄さんが浮き輪でアシストしてあげていました。

 

この後はいよいよ行きたかったエメラルドハート島!!!ラグーンで泳ぐことを楽しみにしていたのだけれど。。。

残念ながらこの日は波が高くてラグーンまで泳ぐのは危険。とのことで中止に。

確かにこの日は波が高く風もあったので、ラグーンの入り口まで行ってみたけれど、これは無理だなと思うほど。またいつかここに来るぞ!

そしてガイドのお兄さん曰く、最後の島が一番ここよりも綺麗だから!ということでそれを楽しみに気持ちを切り替え。

 

次の島ではちょっとシュノーケルを楽しんだ後昼食タイム。

P1013606

P1013577

P1010043最初のビーチの画像もこの島です。ウミガメさんのいる島みたい。

ビュッフェスタイルの昼食を食べて1時間ほど休憩。沢山泳いだ後のランチは美味しい。ボートに戻ると冷たいパイナップルも振舞ってくれました。

 

そして最後のシュノーケルポイント、Zedetkyi島へ。ここは陸地には上がってはいけない決まりになっているので海でシュノーケルのみです。ビーチもとっても綺麗でした。

Andaman4

Andaman3

Andaman2

Andaman1水中撮影は初めてなので上手に撮影できなかったけれど、大きなイソギンチャク、カラフルな魚たち、一面に広がるサンゴ礁。とても感動しました。

時を忘れてシュノーケルを楽しみました。

 

16時近くになり、ツアーも終盤。本当はこの後、ミャンマー領のSON島のホテルでディナーと免税ショッピングができるのだけれど、外国人は17時までにタイのイミグレーションに戻らなければいけません。

 

実は予約は1泊のツアーを予約したかったのだけれど、お正月で満室のため予約が取れず日帰り。18時までは待ってもらえるとのことだったけれど、ミャンマー側のイミグレに着いた時はもう17時過ぎ。ディナーはラノーンに戻ってからにすることにしました。

 

朝の手配に少し戸惑ったのと、エメラルドハート島のラグーンに行けず残念だったけれど、ツアーガイドの方々はとても親切でよく面倒を見てくれ、初めての景色、美しいアンダマン海に魅了されました。

行ってよかった!またアンダマン海の島巡りしてみたいな。