クァンシーの滝へ

2014年の秋にルアンパバーンへ旅行した記録をつけていましたが、今年の2月にも母と母の友人と行ってきました。

旅の工程はほとんど同じでしたが、季節が違うと咲いている花や景色も違ってまた楽しかったです。

 

前回までと少し時期はずれますが、クァンシーの滝へ行った記録です。

 

クァンシーの滝までは日帰りツアーを開催している旅行社さんも沢山あります。

ゆったり自分たちのペースで行きたかったので、市内でソンテオをチャーターして行ってきました。半日くらいでお願いして、18万キープくらいだったかな。

 

市内から滝までの道のりはゆるやかで、景色も綺麗です。ソンテオだったので、埃ぽかったけれど、ウトウトしながら、景色を眺めながら1時間程度の道のりを楽しみました。

途中、おめかしした知らない地元のおばちゃんお二人が一緒に乗ってきて滝近くの村で降りて行きました。帰りの車も今度は別のおじちゃんが。ラオスの別の県でも同じようなことがありました。チャーターしていたので、一瞬えっと驚いたものの、同じ道のり。おばちゃん達とお話ししたり、これもまた楽しいのです。

 

f:id:mazinmaoo:20160920144441j:image

f:id:mazinmaoo:20160920144524j:image

クァンシーの滝にはクマの保護センターがあり、のんびり過ごしているクマさんを見ることができます。

f:id:mazinmaoo:20160920144642j:image

 

クマさんエリアを過ぎてしばらくすると滝の下流に。ここで泳いだりできるようですが、この時期は寒いくらいだったので足だけ水につけてみました。冷んやり透き通っていて気持ちいいですが、寒かった!

どぼーんと飛び込んでみたかったけど、風邪ひいちゃいそうでした。帰りに戻ってくると泳いでいる人たちも。次こそは!

f:id:mazinmaoo:20160920145155j:image

f:id:mazinmaoo:20160920145229j:image

f:id:mazinmaoo:20160920145251j:image

綺麗な花や青く澄んだ水、大きな木、澄んだ空気。歩いているだけで、心地良かったです。

すーっと大きく深呼吸。

最後の大きな滝まで着いたら一休みで母たちが日本から持ってきてくれた歌舞伎揚げやバウムクーヘンを。こんな気持ちの良いところでお茶タイム。幸せです。

滝の裏に上まで登れるルートがあるので行ってみました。でも予想してたよりハード!

f:id:mazinmaoo:20160920145655j:image

日頃の運動不足も高所恐怖症もあって、、でも登りたい!結局少し進んでスニーカーじゃなかったので滑りやすく、諦めました。

次回は登ってみたいなぁ。

 

ゆっくり行って、車に戻るまで大体3時間半くらいでした。1日滝のそばで過ごしても良いくらい気持ち良い場所でした。