ルアンパバーンを一望できるプーシーの丘

PB220171

プーシーの丘に登る!

ルアンパバーンに到着したのはお昼。ホテルでチェックインして、両替、ランチを済ませたらもう午後3時すぎでした。

日差しも陰ってきたので、ルアンパバーンを一望できるプーシーの丘に登ることに!

入り口がなかなか見つからなかった。。。。

さて、地図を開いてみると、入り口がいくつかあるよう。

歩いているとナムカン川沿いにちょうど出たので入り口を探すけど、見つからない。

道端でおみやげの人形を売っている女の子が居たので、道を尋ねてみると川の反対側が小高くなっていて、奥に白い階段が。

そこからも行けるということなので、早速階段を目指します。

PB220164

看板にはお寺の名前が。ガイドブックのプーシーの丘紹介写真はお寺のパゴダが載ってたので、とりあえず登ってみることに。

PB220165

看板脇の階段。結構きついです。。。運動不足がたたったか、両替やさんを見つけるまで陽の高い時間に歩いたせいかちょっとしんどかったです。

水を持ってくるのを忘れていたのでひーひー言っていると、友達のカバンからアクエリが出てきて感動!さすが素敵女子。

階段をひとしきり登ると、お坊さんの宿舎のような建物や、仏足、仏陀像、見晴らしのいいエリアがありました。ちょうど若いお坊さんが二人いて、西洋人の旅行者と英語で話している様子。私たちが景色を写真に収めていると、そのうちの一人が話しかけてきました。どこに旅行したか、どこから来たのかとか、英語を勉強している様子。

お坊さんに象には乗らないのか、と聞かれたので、多分乗らないと答えると。そうだよね、お姉さんちょっと太ってるから象が重さに耐えられなくて落とされちゃうかもね!と大爆笑される。。。

象が耐えられないほど太ってないやい!?と憤慨しつつ、奥にまだ見るところがあるかもね。と教えてくれたので(かもね、だったけど。。。)とりあえず向かいます。

お坊さんが教えてくれた方向に進んでいくと、チケット売り場がありました。

どうやらこの先がプーシーの丘のよう。そしてまた階段!!!

PB220174

このポーズあんまり見たことがないかも!

PB220172

階段を登る途中、寝釈迦や仏像があります。景色も見晴らしがだんだん良くなるので、階段は結構きつかったけど、楽しく登れました。

PB220178

頂上までたどり着くとガイドブックに載っていた、パゴダがあります!

そのパゴダを挟むように、ナムカン川側とメコン川側の両方の景色が!

PB220186 PB220175

上がメコン側、下がナムカン川側の景色です。

どちらもずっと眺めていたくなる素晴らしい景色です。メコン川の方は夕日が綺麗なようなのですが、まだ日が落ちるまではしばらく時間があるので夕日は見ずに下ることに。

帰りは反対側の道から下りました。

PB220187

下るとちょうど目の前が、国立博物館前でした。登る前、ここの通りも歩いていたのに気づかなかったな。

ちょうど5時頃、日が落ちてきて、夕日を見に登る人たちがたくさん集まってきました。上から夕日は見なかったけど、金色のお寺が夕日で輝く景色も美しかったです。